『iittala(イッタラ)』のグラスを買ってみた。

iittala(イッタラ)のグラスを買いました。
もともと持っていたのですがハイボールを作ったり、ネスプレッソを使ってアイスラテを作ったり何かと登場頻度が高いのでこのたび買い足しました。

イッタラは1881年に、ガラス吹き職人のピーター・マグナス・アブラハムによってフィンランドで創業されました。


イッタラの中でも今回はKartio(カルティオ)と呼ばれるシリーズのグラスを買いました。
1958年にカイ・フランクによってデザインされ、非常にシンプルなフォルムが特徴的です。



カラーはシーブルーという、水色に近い綺麗な色。
持ってるグラスがクリアなものばかりなので新鮮な気持ちです。
容量は400ml入るので、大きめのサイズですね。

左:Kartio(カルティオ)
右:Aino Aalto(アイノ・アールト)
すでに持っていたAino Aalto(アイノ・アールト)と並べてみました。
アイノ・アールトは1932年に発売したイッタラの代表作でロングセラー商品です。
カフェでもよく見かけますよね、厚手でかなり丈夫な作りになっています。

アイノ・アールトは容量330mlでカルティオと比較するとやや小さめ。
スターバックスのトールサイズよりも少し小さいくらいの容量だと思って頂けるとわかりやすいかと。


ちなみにイッタラの赤いシールを剥がす派、剥がさない派がいるそうで。
フィンランド本国でも普通に貼ったまま使っているカフェなどがあるそうですが、僕は断然剥がす派!
このあと剥がして使います。

ボウルなども小ぶりで使いやすそうなものが多く、今後増やしていきたいですね。

kaya shu

最近温泉が好きです。

0 件のコメント:

コメントを投稿