orSlowデビュー

先日ビームスをフラッと覗いた時に「orSlow(オアスロウ)」のデニムが目に入りました。
以前からブランドの存在は当然知っていましたが、作りが大柄なイメージがあり検討候補に入ったことは一度もなく、手にも取ったこともありませんでした。

しかしよくよく手に取って見てみると、レプリカジーンズ風にデニムにねじれがあり、生地感や縦糸のムラの形状など加工に手が込んでいるなーと感心しました。
また店員さんに確認したところ、ややテーパードのかかった「107」ならスリムフィットなので細身の方でも穿けると思いますよ、と教えてもらったのでせっかくだし買ってみました。

orSlow 107
レプリカジーンズというと僕はフルカウントのデニムを持っているのですが、防縮加工をしないがゆえの独特なねじれであったり、表面の毛羽立ちなど今のデニムにはない特徴が気に入ってよく履いています。
(この辺の話を女性にするとだいたいポカーンとされます。)

僕が今回買ったorSlowは「2year wash」と呼ばれる、2年間穿いたような加工がなされたデニム。
最初からデニムにねじれが発生していたり、生地が少しクタッとしていたりと再現性のクオリティが高いですね。




実際に穿くとこんな感じです。Aldenと合わせてみました。
まだ残暑厳しいのですごく暑かったです…。


ちなみにせっかくなので、もう1本orSlowのショーツも買ってきました。
ビームス別注のパッチワークデニムです。


これも穿くといい感じです。

今まであまり検討したことはなかったですが、orSlowに今後はもっと注目してみようと思います。
秋はorSlowのアウターも試してみようかな?

kaya shu

最近温泉が好きです。

0 件のコメント:

コメントを投稿