持ってる靴54(Nettleton Algonquin)

皆さん、たいへんご無沙汰しておりました。
社会人という荒波の中を毎日必死に過ごしておりましたところ、前回の投稿からかなり時間があいてしまいました。

ブログは社会人になっても続けます!そしておかげ様で毎日元気にやっております!

今回の靴は手に入れてからかなり時間が経ってしまいましたが、珍しくデッドストック品です。
Nettleton Algonquin 
デッドストック品です。

タイトルを見てわかった方もいるでしょう、そうネトルトンの名作アルガンキンです。
いつか欲しいなーと思っていましたが、marumonoさんにEtsyで出品されていることを教えていただき手に入れました。

海外の出品者にしてはかなり珍しく、すごく丁寧な包装で日本まで届きました。

しかも「Arigato」と書いたメッセージカードまでつけてくれて、日本の出品者よりも手厚い心配りでした。
Etsyはこういう丁寧な出品者さんが多いんでしょうか?

さて肝心の靴ですが、革質はまあまあ。すごく良い、というわけではなさそうです。
またこれは知らなかったのですが、右足と左足でインソールのロゴが違うんですね。
右足インソール 
左足インソール
とりあえずデッドストック品を履き下ろすのには個人的にかなり勇気が要ること(ビビリ)なので、時間を見つけてゆっくり慣らしていこうと思います。

ところで最近は仕事で身につけるものにばかり興味がいきます。
スーツ、ネクタイ、革靴(仕事で履けるストレートチップ)などなど。
フォーマルな品は出した金額が露骨にわかりますしTPOなどのマナーもあるので、社会人として身だしなみも勉強中です…。

kaya shu

最近温泉が好きです。

4 件のコメント:

  1. お久しぶりです。

    ネトルトンのデッドストックとはすごいのをゲットされましたね。
    しかもAlgonquin!

    革質はまあまあということですが、手入れをされたらすごく良くなるかもしれませんね。
    デッドストックは確かに履き下ろすのに勇気がいりますね。
    下ろしてしまえばあとはガンガン行くんですけど・・・。

    仕事に必要なモノに興味が行くのは自然な流れですよね。
    色や形で派手な演出をしない分、素材やつくりの善し悪しが勝負どころとなってきます。
    特にスーツは、同じ色でも、生地の質で全然違ってきますよね。
    体に合ったスーツは体型補正もしてくれるので、太い人や細い人、肩幅のある人やない人などの体型をうまくカバーしてくれます。そしてスーツ、シャツ、タイ、ベルト、靴下、靴のコーディネートにも頭を悩ませますが、それがまた面白いんですけど。
    結構奥が深いですよね。

    返信削除
    返信
    1. なおけんたさん

      コメントありがとうございます。
      まさかデッドストックで手に入るとは思いませんでした笑
      今の段階だと本当に革質はまあまあな感じに見えるのですが、革は使ってなんぼですからね。
      使っていくうちに雰囲気が変わるかもしれませんね。

      スーツは本当に奥深さを実感しています。
      値段で違いが完全にわかるのもそうですが、ネクタイの結び方や色の合わせ方などで印象やフォーマル度合いが全く異なってきますよね。まるで着物のようです。
      なにかスーツに関して勉強できる本を買おうかなとか最近考え中です笑

      削除
  2. お久しぶりです。
    無事に届いたようで良かったです!状態も良さそうで何よりですね。
    革質はきっといじってると最初より良くなると思います!僕のもそうです。

    そして、新社会人として元気に頑張られているようで嬉しいです。
    モノ好きblogもそろそろ再開できそうなのでまた除いてみて下さいね。

    外羽根ですが、スーツにもカッコいいですよアルゴンキン

    返信削除
    返信
    1. marumonoさん

      おかげ様で無事届きました。デッドストックだと革質がわかりにくいですね。
      良くなることを祈っておきます。

      おかげ様で毎日必死に働いております笑
      そして今でも革靴大好きですが、週末にスニーカーを履きたくなる社会人の気持ちを理解でき始めました笑

      削除