持ってる靴48(Alden Vチップ)

今日は古靴でも珍しい靴でもない、定番になりつつある現行のこの靴です。

夏くらいには買っていたのですが、紹介するのが遅くなりました。
Alden Vチップ 6B/D
写真でお分かりの通り、コードバンです。
以前こちらで(持ってる靴22(Alden サドルシューズ コードバン))オールデンのコードバンをご紹介しましたが、あれを手放しこいつを買いました。
マホガニーよりもこのバーガンディっぽい感じのほうが履いてて好きなんですよねー。


Vチップなのでもちろんモディファイドラスト。
現行でこれだけのくびれを保っているという意味では、やっぱオールデンはすごいですね。

インソールを見てみるとBEAMSの文字が。
どの辺が別注なのかはよくわからないのです…。

コードバンらしく、色ムラがあるのも良いですね。
太陽にあてると透き通って見えて綺麗なので、そこはカーフにはない魅力かと。

(全く季節感のない写真でスイマセン…。)
雑誌を読んだり、セレクトショップに行ってみるとちょっと前までオールデン推しだったのに、最近は各社熱いパラブーツ推しですね。
各社オールデン推しの頃はあまりに流行り過ぎていて履くのに若干抵抗があったのですが、世間の興味が徐々にパラブーツに移り始めてるので気兼ねなく履けるようになりました笑

まあ僕の足にパラブーツが全く合わないから履いてみたくても履けない(というかあのラストは日本人向けじゃないような)という理由もありますが…。


さて、今回は定番すぎて特に喋ることもないので、靴と関係ない話を。
現在セール真っ只中ですが、皆さんはセール時期に服を買いますか?
僕はセール時期の買い物がめちゃくちゃヘタクソで、最近セール時期の購入を控えております。
というのも、
「セールだから値段ばかりに目が行く」
「服を買う理由が”安いから”になりがち」
「結果、いまいちその服に愛着を持てず売却」
という連鎖に陥りがちなんですよ。

こういう失敗を幾度と無く繰り返してきた歴史があるので、今回はセール品を買わずに違うことにお金を使いました。

Twitterで交流のある方はご存知だと思いますが、昨日ブルーノート東京でリチャード・ボナのライブを聴いてまいりました。

リチャード・ボナと言えば、5弦ベースを自由自在に操るカメルーンが生んだ天才ベーシスト。

渡辺貞夫さんとのコラボアルバム「One For You -Sadao & Bona Live」を聴いて以来、一度生で聴いてみたいなと思っていました。

ジャズにとらわれない演奏(急に多重録音で一人アカペラを始めたり、ロック調の演奏をしたり)で、時間いっぱい観客を楽しませてくれました。
今まで渡辺貞夫、チック・コリア、ロン・カーターなど有名アーティストのライブに行きましたがリチャード・ボナが一番楽しかったかも。

ジャズはもともと叔父に教えてもらいました。そのおかげで、楽器の演奏こそできないですが比較的若いころからジャズの演奏を聴く機会が多く自然と好きになりました。(あと山下達郎も教えてもらいました笑)

また普段革靴が似合うような場所に用事があまりないのですが、ジャズを聴きに行った時だけは革靴がその場にすごいマッチしてる気がしてそういう意味でもジャズを聴きに行くのが好きです。
さて、連休も終わりますが皆さんまた明日から頑張りましょう!

kaya shu

最近温泉が好きです。

4 件のコメント:

  1. こんにちは。
    定番ですね。やっぱりいいですねー。しかし本当にどこが別注なのか分かりませんね(笑)ライニングは普通にありますか?キャンバスだったりアンライニング仕様だったりとかしたらその辺かな…?
    現行のBEAMSオールデンとはロゴが違いますね。ちょっとドヤ顔できるポイントかも(笑)

    リチャードボナ羨ましいですね。俺はジャズは全然詳しくないのですが、一応ベーシストの端くれとして世界最高峰のベーシストの一人であることは知ってて、動画も多少見てました。
    今回改めて動画を見てみて、本当に音が美しくて、ベーシスト云々というより単純に音楽として実に素晴らしいと感じました。あんな風に弾けたらな…
    あとプレイヤー目線で見ると、あれを弾きながらあのクオリティで歌えることはちょっと信じがたいです(笑)脳が二つあるとしか…
    あとちょっとツッコミを入れさせていただくと、ボナのベースは6弦じゃなくて5弦ですね。念のため。

    返信削除
  2. なおきさん
    いま確認したのですが、やはり通常版と同じに見えます。どの辺がビームス別注なのか結局わかりそうにありません笑

    楽器に疎いので教えていただいてありがとうございます、いま5弦に訂正しました笑
    ボナさんはジャコ・パストリアスの再来とか言われてるそうです。本当に楽しいライブでした。
    ちなみに演奏中、母国語で歌うだけでなく、一言二言ですが日本語で冗談も言ってました。
    演奏しつつ、歌いつつ、ボナにとっての外国語(日本語)でお客さんを笑わせつつ…って考えると恐ろしいことですね笑

    返信削除
  3. モディファイドラスト,いいですよね。
    昔はこういう矯正靴風(または矯正靴)がいろいろあったんでしょうが,生き残ったのがAldenということでしょうね。
    個人的には,このようなダブルネームの別注品やAldenの名が全くない隠れAldenが好みです(自己満足)。

    パラブーツは確かに最近プッシュされていますが,なにやら業界の意図が臭ってきて嫌ですね。
    昔履いていて確かにいい靴ですが,今の流行に乗るのがかえって嫌です。
    50過ぎるとあの重さに疲れるかもしれません(笑)。

    返信削除
    返信
    1. なおけんたさん

      オールデンの名前がない隠れオールデンは確かにかっこいいですよね。僕も1足欲しいのですが、いかんせんネットだと検索のしようがないのでなかなか難しいです笑

      パラブーツはメディア露出が露骨ですよね。雑誌のBeginもこないだまでオールデンを含めたアメリカ推し(BRIEFING、INDIVIDUALIZED SHIRTS、Brooks Brothers…)だったのに対し最近は完全にフランス推し(Paraboot、APC、SAINT JAMES…)になってます。

      確かに重いですね。堅牢そうなのであれはもう雨用の靴というイメージになってます笑

      削除