「Hanes Beefy-T」を買ってみた。

なんか先日に引き続きYoutubeの動画タイトルみたいですが、タイトル名考えるのめんどくさいので許してください笑

前回の「Hanes Japan fit」に続き、今回は「Hanes Beefy-T」を買ってみました。

Beefy(ビーフィー)Tシャツは1977年に誕生したそうです。
牛のようにタフでたくましい、がテーマとなっているTシャツです。

肉厚系のTシャツというと、今夏は雑誌やセレクトショップの推しもあり「Goodwear」や「GoodOn」が人気だったような気がします。
あれはあれでいいんですが、ちょっとサイズ感がアメリカ寄りすぎて僕には着れないかなーという感じでした。

さて今回はビーフィーの長袖をチョイスしまして、カットソーやニットのインナー目的で購入しております。
Beefy-T
Amazonで1600円くらいでした。安いですね。
もうUSAメイドではなくなっていますが、綿100%のこだわりはきちんと継承しています。
173cm痩せ型の僕はSサイズを購入しました。
他のTシャツに比べて首元のリブが太めなのが特徴でしょうか。

じゃあ実際に着てみましょう。
着丈や身幅は問題ないのですが、アームホールがけっこう大きいなという感じです。
仮にこの下に何か着ると透けますね。(白の場合)


また厚手ですが、GoodwearやGoodOnのようにゴワゴワせず肌触りはとても良いです。
「厚手、丈夫」と聞いていたのでこれはけっこう意外でしたが、着心地に関してはさすがヘインズですね。

まだ洗ってないので縮みや型崩れがどの程度なのかわからないですが、着てる感じ大丈夫そうです。
少なくともこないだのJapan fitよりは丈夫そうです笑

以上、簡単ですがビーフィーTシャツについてでした。

kaya shu

最近温泉が好きです。

0 件のコメント:

コメントを投稿