M.モウブレイの「クリームナチュラーレ」を使ってみた。

以前、ENGLISH GUILDの「Bees Rich Cream」について書きましたが、1ヶ月半ほど使ってみて良い部分と悪い部分が見えてきました。

あくまで個人的な感想ですが、

良い部分
・他のクリームでは出せない、圧倒的なツヤ感が出せる。
・伸びがいいのでクリームがほとんど減らない。
・クリームの色がニュートラルでも、塗ると革の色が濃くなる。

悪い部分
・ツヤ感を出すのにけっこう力が必要。いくつも磨くのはなかなかハード。
・油、ロウが多いので栄養が入っていく感じがあまりしない。
・カジュアルな格好の時に、靴だけギラギラしていて浮いてしまう。

こんな感じでしょうか。
特に僕は靴が多い(それも古靴)ので、「ツヤ感」よりは「磨きやすさ」や「栄養が入っていく感じ」がもう少し欲しいと思いました。

そこでいろいろ調べて買ってきたのがこちら。
M.モウブレイ クリームナチュラーレ
銀座三越シューケアマイスターさんのこの記事、「イングリッシュギルドとナチュラーレ」を読んでずっと気になってたやつです。
これの特徴は、なんといっても有機溶剤不使用だということ。
普通のクリームはロウが主成分なので、そのロウが硬化しないために有機溶剤を入れてるんですが、これにはそれが入っていません。
また、箱にも書いてありますが「シダーオイル、パームオイル、ビーズワックス」などの天然油脂が主成分で、いかにも栄養ありそうだなーと思って今回買ってみたんです。


中身はこんな感じでプルンとしてます。カスタードみたいですね。
グレープフルーツみたいな柑橘系の匂いがしました。


手持ちのクロケット&ジョーンズのモールトンに塗ってみました。
Before
リムーバーで汚れだけ取った状態です。

After
ビーズリッチクリームよりはおとなしめのツヤ感です。
ビーズリッチクリームよりは伸びやツヤ感は劣りますが、落ち着いたテイストに仕上がりました。
革によく浸透するので栄養を与えている感じが使うなかで実感できました。
またビーズリッチクリームに比べ、磨くのにあまり力がいらないので普段使いはこっちの方が楽チンだと思います。

・どこかにオシャレして行くとき→「ビーズリッチクリーム」で革をピカピカに。
・普段のメンテナンスのとき→「クリームナチュラーレ」で革をいたわる。

僕はこんな使い分けをしていこうかなと思います。


追記
クリームナチュラーレの記事をいろいろ探していたところ、コードバンにも効果があるという記事を見つけました。
→「クリームナチュラーレの威力をコードバンで再確認しました

以前紹介した僕のコードバンにも使えるかな?と思い使ってみたところ…。
→「持ってる靴20(Alden サドルシューズ コードバン)

向かって左:リムーバーで汚れだけ取った状態。
向かって右:クリームナチュラーレで磨いた状態。
コードバンってこんなに光るんだってくらいピカピカに!
良いクリームなんだなってのを再確認できました。


kaya shu

最近温泉が好きです。

2 件のコメント:

  1. おもろいblogや!
    お気に入りにいれさせてもらいまっせ!

    返信削除
  2. タシケン様
    ありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです!

    返信削除