革のエイジング

皆さん普段はどんな雑誌を読んでますか?

僕はだいたい決まってまして、

・Begin(なんかウンチク多くて楽しい。)
・Men's FUDGE(細身の方が多くて着こなしの参考になる。)
・OCEANS(年に2回くらいある街角パパラッチ企画がおもしろい。)
こんな感じです。

1月16日に発売したBegin3月号を読んでたところ、「愛され続ける革」という特集がありまして面白かったのでご紹介します。

革を使ったアイテム(靴とカバンとか財布)を◯年使うとこうなる、という革のエイジングの特集なのですが、人によって全くそのエイジング理論が異なって面白いんですよ。

とにかくたくさん使って、使ったあとはちゃんと手入れをする人もいれば、もう完全放置。傷も雨も全く気にしないって人も。

僕はわりと革小物に関しては過保護なタイプでして、エイジングに憧れつつなかなか上手くできないんですよね。使ううちについてしまう傷や汚れがすごい気になってしまうんですよ笑

靴修理で有名なユニオンワークスの中川さんの18年モノのトリッカーズも載っているのですが、その圧倒的なエイジング具合にビビりました。
時にはクリームなどを全く与えないでガシガシ履くことで、擦れた部分とそうじゃない部分で濃淡が生まれるそうです。
まあもちろんこのやり方は靴によると思いますが、参考にしたいですねー。


ちなみに靴好きの間で一瞬話題になったFree&Easyの2月号。
靴に関しての情報が盛りだくさんになってるので、まだ持っていない方はぜひ手に入れてみてはどうでしょうか。ただこれは先月の号なのでもう店頭にはないかなー。。




kaya shu

最近温泉が好きです。

0 件のコメント:

コメントを投稿