持ってる靴16(Crockett&Jones Moreton)

久しぶりの更新です。
今回もヤフオクでゲットした靴です。

Crockett&Jones Moreton(モールトン)
サイズは6 1/2E


Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)は1879年、イギリス靴の聖地ノーサンプトンでジェームズ・クロケットと義兄弟チャールズ・ジョーンズによって創業されました。
ただしばらくは多くのブランドやメーカーのファクトリーとして、靴をつくっていました。デザインとかは特にしてなかったわけですね。
しかし4代目のジョナサン・ジョーンズが指揮をとるようになってからはオリジナル靴の生産にも力を入れ始めたようです。

さて今回はそのCrockett&JonesのMoreton(モールトン)をご紹介します。
この靴、アッパーにはバーニッシュドカーフを採用することで見た目は品の良い雰囲気になっており、またソールには「リッジウェイソール」を採用することで実用性も兼ね備えています。
これがリッジウェイソールです。

いつもレザーソールの靴を履かれてる方には抵抗があるかもしれないですね…笑

ダイナイトソールのような点で支えるタイプではなく線で支えるタイプのソールなので見た目もすこしゴツくなっていますが、その分グリップ力も強く、またソールがほとんど減らないので普段の通勤用などには持ってこいじゃないでしょうか。(雨天時も問題ないですしね。)

アメリカ靴に比べるとカカトが高いので最初慣れるのに少し時間がかかりましたが、1足持っておくとかなり重宝すると思います。
茶色もあるんですがビジネスシーンでも使うことを考えると黒の方がおすすめですかね。
横からみるとこんな感じ。
けっこうカカトがゴツいです。

ちなみにこれに似た靴だと、
JM.WESTONのゴルフ

Paraboot(パラブーツ)のシャンボード

などが挙げられます。
この2つもかなり丈夫で長く使える靴ですので、オススメです。
もし次買うならゴルフのブラウンが欲しいなあ…笑

kaya shu

最近温泉が好きです。

0 件のコメント:

コメントを投稿