最近使ってるカバン

革靴をいろいろ持っていますが、革靴にハマる前から革の手入れがもともと好きでした。
小さい頃から野球のグローブとか自分の財布を手入れするのが全く苦じゃなかったので、革靴も自然とハマったのかなと思います。

…しかしですね。そんな革好きの僕ですがある事件からカバンだけは革製品を使うのを避けるようになりました。
その事件とは以前こちら(夏の自由研究)で紹介した、買って間もないレザートートにシミをつけてしまった事件です。
シミをつけたこともショックでしたが、それに加えて(明るい色を選んだ僕も悪いんですが)革を汚すことの不安が強すぎて使うのを控えてしまう&しかも荷物がいつも少ないのでカバンがたわみ、いわゆるイメージ図のように形が綺麗な状態にならない、という悩みも抱えていました。


この事件をキッカケに僕がカバンに求めることは下記のことだと確信しました。
1.汚れを気にせず毎日アクティブにどこへでも持っていけること。
2.傷を気にしないでいいようなハードな生地であること。
3.普段そんなに荷物が多くないので、荷物が少なくても型崩れしないような作りであること。

そしてこの条件をクリアし、現在毎日使っているカバンがBRIEFING(ブリーフィング)の「SHOT BUCKET」です。
SHOT BUCKET 
BRIEFINGというとタウンユースのバッグにミリタリーの頑丈な機能を搭載しているだけでなく、使いやすさにもこだわったバッグです。
耐摩耗性が強く携帯武器やガンケースに使われることの多いバリスティックナイロンを採用しており、傷や汚れに圧倒的な強さを見せ、また型崩れの不安もありません。
ただしこのバリスティックナイロンは重いので、ブリーフィングにはコーデュラナイロンという軽めの素材を使ったバッグも有ります。(こっちは柔らかいので荷物が入ってないとふにゃってしますが…。)


このSHOT BUCKETですが、大きさも程よくバリスティックナイロンなので傷や汚れを気にせず毎日アクティブに使え、また持ち手の長さが変えられるようになっており「手持ち、肩掛け、斜めがけ」の3通りの使い方ができます。


しかもカバン上部にはスナップボタンとジップが付いているので荷物に応じてトップの閉め方を変えることも可能です。

このカバンにしてからホント毎日すごい便利に生活できているので、買って正解でした。カバンはデザインも大事ですが、自分のライフスタイルや性格から、自分はカバンに何を求めるかという条件を考えるとより良い選択ができるかもしれないですね。

ちなみにミルスペックのカバンというと巷では、3ジップアクセスで有名になった「Mystery Ranch」や、今後人気が出るのではないかと個人的に予想している「MIS」(MISとはMake It Simple. Simple can be harder than complex.の頭文字をとってるそうです。)などがありますが、やっぱり個人的にはBRIEFINGが好きです。

何気にリュックとクラッチバッグも持っており、今後は肩掛けの小さいポーチorボディバッグも買おうかと検討中です。
クラッチバッグ(バリスティックナイロン)
リュック(コーデュラナイロン)
リュックはMHLとのダブルネームです。
ところで最初に提示した条件さえクリアしていれば革のバッグでも全然問題ないです。
もし良いバッグがあれば次買う時検討しますのでぜひ教えてください。

kaya shu

最近温泉が好きです。

8 件のコメント:

  1. ブリーフィングは見るからに丈夫ですね。
    バリスティックナイロンと言えば、まずはTUMIが浮かびますね。若いころ欲しかったんですが、もうアメリカ製じゃなくなって(品質は変わらないと思いますが)なんだか買う気がなくなりました。

    今はバッグを持つのも面倒くさくて、特に冬場は、ファスナーかボタンの付いたポケットがたくさんあるアウター(最低3つは必要)に頼っています。夏場はさすがに小さめのショルダーです。
    今度の東京行で、嫁さんにトートバッグを買ってやる約束をしました。嫁さんはバッグにたくさん詰め込む(投げ込む)方なので、LLビーンのレザートートバッグを買う予定です。
    実物は見たことないんですが、モノが入っていなくても自立してくれるような雰囲気ですが・・・。
    ビーンのキャンバストート並だったらすごいなと思いますが。

    返信削除
    返信
    1. なおけんたさん
      ブリーフィングはちょっと高いですが物はしっかりしてますね。本当は僕も荷物をもっと減らしたいのですが、手ぶらに近い状態だとそれはそれで不安なので結局常にカバンを持ち歩いています笑

      LLビーン良いですね!ご存知かもしれませんがLLビーンはアメリカのサイトからカスタムオーダーをすることができます。部位別の細かい色の設定やカバンや持ち手の長さも選べたはずなので参考にされてはいかがでしょうか(ただしレザーはなくキャンパス地のみですが…。)。すべてネイビーに統一していた友人のLLビーンはなかなかかっこよかったです。

      削除
    2. LLビーンのカスタムオーダー,知りませんでした。私もきっとネイビーにするでしょうね。だいすきですから。吉祥寺の店でオーダーできないんでしょうかね。
      今回は嫁さんが「革」とリクエストしていまして・・・。それと20パーセント割引クーポンもありますので。

      削除
    3. なおけんたさん
      吉祥寺ではオーダーは恐らくできないですね…。ですので奥さんにはレザートートを購入して差し上げてください!笑
      アメリカはカスタムオーダーがここ最近流行してまして、LLビーンはもちろん、スニーカー各社(ナイキやリーボックなど)もいろいろなカスタムサービスをやってるようです。まだ日本に来てないのもありますが、よければこちら参考にしてみてください。(http://www.fashionsnap.com/inside/custom/)

      削除
  2. 私もレザートートバッグ探しています、が中々欲しいものが見つかりません。
    ですので普段はボディバッグを愛用しています。

    昔はフライターグやジュディオーガーデザインにも興味を持ちましたが、普段使いには個性が強そうで・・・。
    (古着などをリメイクしてバッグにするのは面白そうですが、自分で作るにはハードルが高そうですし。
    器用な方であれば自分の好みのディテールやサイズ、デザインを作れるのかもしれませんが・・・)

    因みに私がトートバッグに求めているのは、
    ・アウトポケットの有無
    ・バッグ上部を閉めることが出来る(ジップ等で)
    ・肩から下げた際に、手が底部に届く程度の高さ
    (バッグ内部に関しては、あまりこだわりはありません^^;)

    特にペットボトルをバッグの中に入れたくないのでペットボトルを入れるポケットがあるとベストです。
    メッセンジャーですが、パタゴニアのハーフマスバッグ等についているやつですね。


    返信削除
    返信
    1. tomojinさん
      確かにFREITAGもジュディオーガーデザインも服装を選びますね、普段使いにはなかなか難しい気がします笑

      このトートを買う時に唯一レザートートとして対抗馬になっていたのが、土屋鞄製造所の「ガジェットスタジオキャリートート」でした。ペットボトルコーナーはないですが、上部が閉まり大きさも程良くて便利そうでした。良ければ参考までに。(http://www.tsuchiya-kaban.jp/products/detail.php?product_id=198)

      削除
  3. かやしまさん

    先日はブログへのコメントありがとうございました。「リョウのブログ」のリョウです。

    BRIEFINGで鞄を揃えられていて素敵です。荷物の量によって手持ちの長さを変えられるのも消費者目線に立っていていいですね。

    僕はトートバッグがSTUDIOUSという所のレザーバッグ、リュックはナノ・ユニバースのナイロン製の物を使っています。
    セレオリの鞄もちょっとした遊びになら全然使えますね。もちろん、ちゃんとしたブランドの物の方がいいのですが、値段が張ってしまうので・・・笑
    重いものを運ぶ時はLLビーンのトート(母から頂いた20年前の物)を使っています。LLビーンは笑えるくらい丈夫で20年前の物とは思えません笑。

    返信削除
  4. リョウさん

    コメントありがとうございます!
    値段がそこまで張らないカバンだと、「Grips」なんかがオススメです。僕も持っているのですが、メイドインジャパンの安心クオリティかつそこまで高くありません。あとは「SLOW」、「hobo」あたりもいいかもしれないです。

    LLビーンは丈夫ですよね。トートバッグってもともと氷の塊を運ぶために開発されたそうですが、その元祖がLLビーンだそうで、その丈夫さは筋金入りのようですね。

    返信削除