知人の靴3(TREE MARK SHOE パンチドゥキャップトゥ)

今日は久しぶりに僕ではない方の靴を紹介します。

目白の靴修理屋さん、Glueのオーナーの方の靴です。

TREE MARK SHOE パンチドゥキャップトゥ
アッパーはキッドスキン(子ヤギの革)だと思われます。

この靴はニューヨーク州にあった「TREE MARK SHOE CO.INC」というメーカーが扱っていました。
日本語の文献がほとんどなく、海外のサイトを読んでみると…。

TREE MARK SHOEの創業は1919年、家族経営の会社でした。1950年代後半にはニューヨークに3店舗ほどお店を構えていたそうです。第1号店はニューヨークのDelancey Streetという通りにあり、その時の建物はちゃんと残っています。現在は「The Bowery Ballroom」という名前でライブ会場として使われているようですね。
→「The Bowery Ballroom
現在の建物の外観
当時の建物の外観
この建物自体は1928年に造られたそうで、このスポットにはもともと映画館があったようです。
TREE MARK SHOEはこの地で30年ほどお店をしていました。
建物の上の部分に「TREE MARK SHOES」と彫られています。
TREE MARK SHOEはハイデザインな靴よりも履きやすさを重視した靴を扱うことを目標としていたようです。
さて、この靴ですが実はとても面白い特徴があるんです。
インソールだけ見てもその特徴はわからないのですが…?
このパッチ、デニムみたいで可愛いですよね。

実はアウトソールを見てみるとこの靴に隠された特徴がわかります。
それは…。
このくびれ…。
もしかして…。

そう、これオールデンが作ってるんです。
TREE MARK SHOEがオールデンに生産を依頼(別注?)していたようですね。
海外のオークションでは時々出てくるんですが、日本だと滅多に見かけないです。

というのもマニアックすぎるんですよねこれ、ネットで検索しても全然情報がでてこないしw
Glueのオーナーさんも、ある古着屋さんで(サイズの関係で)レディースコーナーに格安で置いてあったのを買ってきたそうです。
うーん、これぞホントの掘り出し物ですねえ…。

一応、「TREE MARK SHOE」でググると出てくる唯一の日本語のブログがありましたのでURLだけ貼っておきます。
→「50's Punched Cap Toe

kaya shu

最近温泉が好きです。

0 件のコメント:

コメントを投稿