持ってる靴13 (SCOTCHGRAIN 外羽根プレーントゥ)

久しぶりに持ってる靴シリーズです。

SCOTCHGRAIN 外羽根プレーントゥ
サイズは24EEE
新品で買ったのでまだ綺麗です。
ラバーソールが採用されてます。
まだ革靴なんて全然わからない頃に就活用として買った靴です。
新宿伊勢丹でオススメされて購入しました。
今だったら内羽根のストレートチップを買うでしょうが、知識がなかったので外羽根のプレーントゥを選んでいます笑

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)は1964年創業のヒロカワ製靴が職人の街、東京都墨田区で一貫生産を行っているブランドです。
このスコッチグレインシリーズは1978年に誕生したようです。
ロゴはこんな感じ。
下に「HIROKAWA」の文字も見えますね。

スコッチグレインの魅力はなんといってもジャパンメイドのクオリティの高さとリーズナブルな値段設定という点だと思います。
だいたいどの靴も3万円あれば買える値段設定になってますので、「仕事でフォーマルな靴を履かなきゃいけないけど5万、7万、10万もするような靴はもう趣味の領域だろ」と感じる方にはうってつけの靴だと思います。
御殿場や佐野のアウトレットにも店舗がありそちらではもう少し安い値段で買えるみたいですね。

また修理にも柔軟に対応してくれるらしく、「匠ジャパン」というスコッチグレインの修理専門工場へスコッチグレインの靴を郵送するか持ち込むと、綺麗に修理してくれるだけでなく送料無料で返送してきてくれるそうです。
普段靴の修理とかをあまりされない方にとってはこのサービスは心強いのではないでしょうか。
NAVERまとめにもスコッチグレインの修理の対応の良さを紹介したまとめがありましたのでご紹介しておきます。
小遣い3万円以下のビジネスマンに全力でお勧めする。スコッチグレインの革靴が本当にコスパが良い理由。

ちなみに履き心地ですが、やはり日本のメーカーなだけあって日本人の足のかたちに合わせた靴になっておりとても快適です。
シューキーパーも一緒についてきますので、手入れとかめんどくさいよって方も長く履ける靴だと思います。

スコッチグレインHP:http://www.scotchgrain.co.jp/index.php
匠ジャパンHP:http://www.scotchgrain.co.jp/takumi/index.html

kaya shu

最近温泉が好きです。

0 件のコメント:

コメントを投稿