持ってる靴12(Florsheim Designer Collection ウイングタッセル)

今回の靴、なかなかおもしろいですよ。
古靴業界?では有名な「SUPER8SHOES」さんで購入しました。
ネット販売だけでなく、実際に千駄ヶ谷の事務所に行って試着することもできるので古靴にはまってからはちょくちょく試着しに行ってます笑
Florsheim Designer Collection ウイングタッセル
サイズはUS7 1/2D
コンディションはめちゃくちゃ良いですね。フローシャイムのロゴがうっすら残ってます。
そしてちゃんと小窓もついてます。
Florsheim(フローシャイム)はこのブログでも2回ほど出てきてるので説明は大丈夫かと思うのですが、この「Designer Collection」とはなんぞや?と思われてる方いると思います。

「Designer Collectionシリーズ」は70年代後半あたりから登場したシリーズのようです。
アメリカ靴というとどことなく無骨なものが多いですが、このシリーズはイタリアなどヨーロッパ風のモダンなデザインを意識して作られていたみたいです。

横から見るとなんとなくスタイリッシュな感じしませんか?
ロゴもなかなかイカしてますよね。
アッパーはキッドスキン(子ヤギ)を使っているようです。
キッドスキンは薄く柔らかく、またきめ細やかな光沢があるのが特徴で、よく高級手袋とかに使われていますね。
アメリカ靴だとSTACY ADAMS(ステイシーアダムス)なんかがよくキッドスキンを使っています。

そしてこの時代の靴によく見られる特徴なのですが、ヒールが面白いんです。
うしろからの図。
メンズの靴のわりにヒールが高い&上から下にいくに連れて狭まってるんです。
理由はよくわからないんですが、足元をすっきり見えるようにするためだったのでしょうか?

他のデザインを探したところいろいろ出てきました。どれもかっこいいですね。




でもデザインも相まって、履くとレディースに見えなくもない…←

kaya shu

最近温泉が好きです。

0 件のコメント:

コメントを投稿